美容クリニックを選ぶために

美白としみの種類について

美白にとって大敵なのは「しみ」です。しかし、しみと一口で言ってもさまざまな種類があることはあまり知られてしません。しみの外観だけを見てもそれがどのような種類と原因で起こったものかは、慣れない人にはなかなか判断することができません。適切にしみ対策をし、美白肌を手に入れるためには、まずしみの種類と対策をしっかりとおさえておくようにしましょう。
まず、いわゆるしみとして有名なのが「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるものです。これは頬骨や鼻の下、あるいは額の左右対称にできるしみです。主に30~40代の女性によくできるものです。これは、女性ホルモンが大きく関係しているようで、妊娠中やピル服用中によく出るとされています。対策としては、紫外線を受けないようにしホルモンバランスに注意することが有効とされています。
次に、「老人性色素斑」と呼ばれるしみもまたよく見られます。紫外線が原因となってできるもので、頬骨のような顔の中でも紫外線を多く受ける場所によく発生します。最初はうっすらと出始めますが、時間の経過と共に境目のはっきりとしたしみとなってきます。かなりはっきりと出てしまうとレーザー治療などによってでしか薄くすることはできなくなってしまいます。
他にhも「太田母斑」「雀卵斑」「脂漏性角化症」「炎症性色素沈着」「摩擦黒皮症」「花弁状色素斑」などしみにはさまざまな種類があります。すべてのしみに共通しているのは、紫外線の影響によって引き起こされるということです。