美容クリニックを選ぶために

頭髪の悩みを植毛で解決

自毛植毛は、自分の頭髪を別の薄くなっている部分に移植させて自然な頭髪状況を作り出すための施術を行うものです。このとき、医療機関である美容クリニックなどを訪れ、そこで外科手術に望む際の注意点などの説明を受けます。自毛植毛は体の拒絶反応も少なく、安全に行うことのできる植毛方法として人気がありますが、それでも100%満足・成功ができるわけではありません。事前に起こりうるリスクについてもきちんと理解をしておくことで、万が一の場合にも適切に対処をすることができます。
まず、自毛植毛後に比較的報告されるケースの多いトラブル事例としては「出血や頭痛がある」「頭皮にかゆみがある」「頭皮が腫れている」「休止期脱毛が起きた」というものです。
出血や頭痛は、植毛施術において使用する麻酔の影響によって起こります。麻酔を使うことで施術中に痛みを感じることはありませんが、麻酔が切れたあとにはしばしば頭痛などが起こることがあります。また、小さいとはいえ切開を含む外科治療を行うため、出血が生じてしまう場合もあります。いずれもほとんどが一時的なもので、長期化することはありません。頭皮のかゆみも同じように手術の影響によって起こります。これは主に傷口にかさぶたができてしまったことによるようです。
問題となるのは「休止期脱毛」というものです。これは移植後の毛髪が1ヶ月程度で抜け落ちてしまうという状態です。しかし、これは新しい毛髪が生じるための一時的なプロセスであることも多く、過度に心配をすることはありません。